京都土産の八ツ橋・生八ツ橋の写真

京都土産の一番人気、八ツ橋・生八ツ橋の写真

生八ツ橋 生八ツ橋2色

生八ツ橋抹茶とニッキ                  生八ツ橋2色詰め合わせ

 

イチゴミルクとマロン 黒ごまふくさ

イチゴミルクとマロンの生八ツ橋             黒ごま生八ツ橋と黒ごまふくさ

 

 

八ツ橋ショコラ 八ッ橋ショコラ

八ツ橋ショコラ                  もちもち生地でチョコを包んでいます。

 

おぼこ2色 おぼこ3色

生八ツ橋「おぼこ」2色、抹茶とニッキ          「おぼこ」3色、抹茶、ニッキと梅

 

八ツ橋 八ッ橋と五色豆

八ツ橋                           八ツ橋・五色豆め合わせ

八ツ橋について

 琴の演奏家、八橋検校を偲んで作った、琴の形の焼き菓子で、今や京都土産の一番人気商品です。
 近年、生地を焼かず、もちもち生地の半生状態で売り出された、生八ツ橋も人気抜群です。
 チョコレートやイチゴ、マロン餡、クリーム等、現代の若者が好みそうないろいろなバリエーション豊かなものを挟み込んだ商品も続々と発売されています。

 

 京都のお菓子といえば、どうしても八つ橋が浮かんできます。
 私はあまり地方の名産などに詳しくないので、お土産を買うときはなるべく「失敗しないように」ということを一番気をつけています。
 結果、いつも京都に行くと八つ橋を買って帰ることになります。
 一時期いつも同じものでつまらないかなと悩んだときもありました。
 けれど、いつも八つ橋でも美味しいのでみんな喜んでくれるし、なによりも、京都に行ったんだということがわかって、一番いいのかなと、今は思うようになりました。
 今では、お土産はその土地の匂いがするものが一番だと考えるようになりました。
 だからどの地方にいっても、その土地で有名なお菓子を買って帰ります。
 それで嫌がられたことは一度もありません。
 また、お土産とは別に自分用に買うのも、やっぱり八つ橋だったりするんですよね。
 自分が欲しいものをあげるのが一番だし、私はこれからも京都へ行ったら八つ橋を買って帰ります。
 きっともう少ししたら、私が京都に行ったら八つ橋がもらえると条件反射で考える友人も出てくると思います。
 そうなれば私の勝ちですよね。

京都土産の一番人気、八ツ橋エントリー一覧